良いリスティング広告代理店の選び方 | 成果を軸に伴走できること

ビジネスの集客をしたいと思ったときにまず第一に選択肢として挙がってくるのが「リスティング広告(検索連動型広告)」です。
正しい知識やノウハウを持っている代理店に依頼をすることで、始めから効率よくリスティング広告を運用していくことができます。

とはいえリスティング広告の代理店は非常に多く、なかには優良な代理店もありますが、そうでない場合も多くあります。

本記事では、本当に良いリスティング広告代理店の選び方を紹介しています。
今後、リスティングを依頼する際、もしくは今依頼している代理店の良し悪しを判断できるようにぜひご覧いただければと思います。

【無料お役立ち資料】
リスティング広告で成果が出ないときの改善チェックリスト

  • 成果を出すための46のチェックリスト
  • 具体的な内容ですぐに改善に繋げられる

リスティング広告を始めようとしている企業様・リスティング広告運用担当者の方には必見の内容です!

目次

良いリスティング広告代理店とは

結論、良いリスティング広告代理店とは、広告主(お客様)の成果・利益を軸に考えている会社です。

多くの会社において、リスティング広告に限らず、ウェブ広告を出す理由は、自社の利益を上げるためです。
その目的を達成するべく、パートナーとして共に伴走してくれて成果や利益を出す手助けをしてくれることが代理店側のあるべき姿ではないでしょうか。

代理店側の中には、例えば、自社の利益を上げるために本来であれば不必要な施策を提案したり、そもそも成果を出せない(出そうと考えていない)会社もあります。

そういった点から、弊社では、広告主の成果・利益を最重要視し、本当に必要な施策を提案・実行してくれる代理店が良い代理店と考えております。

マクロな視点で言えば、広告主の成果・利益を軸に考えられる会社が良い代理店ではあるのですが、ミクロな視点だと下記のような特徴が挙げられます。

CPOまで追って費用対効果を報告する

こちらの記事でも説明していますが、リスティング広告において成果を出す上で重要な指標が「CPO」です。

「CPA」ではなく「CPO」です。

CPA(Cost Per Acquisition)
→Web上で測定できる行動(お問い合わせ など)にいくら掛かったのかという指標

CPO(Cost Per Order)
→実際の申し込みにいくら掛かったのかという指標

つまり、Web上で図れる指標だけの単価ではなく、実際の申し込みまでを追って効果を測ることが大切ということです。

そのためには、広告媒体の管理画面だけを見るだけではなく、CRM等の顧客管理データ見て、流入経路ごとのCPOを算出する必要があります。

それを元に今後の施策を考えることで、より解像度の高い数値で議論をすることが可能になります。

逆にCPOを測っていないということは、そのリスティング広告が本当に成果が出ているのかが不明ということになってしまいます。

弊社では実際の申込状況までお客様にヒアリングしたりCRMの権限をいただきCPOまで追うことを徹底しております。

このあたりの効果検証を徹底的に行なっているかどうかはリスティング広告の代理店を選ぶ上で重要です。

本当の課題を見出してくれる

  • リスティングを出すのが本当に正解なのか?
  • 集客の課題は?

と、リスティング広告を出す前提ではなく、その手前の話をしてくれるかどうかということです。

本当の課題は、広告運用ではなく、サイトやLPかもしれないし、もしかすると営業であったり社内の体制かもしれない 。
その辺りの話をしてくれるかどうかは重要視しましょう。

事業として利益・売上を上げるために集客を行うので、担当者が同じ目線で話ができるかどうかはリスティング広告の運用を任せる上で非常に重要です。そういった意味で施策に囚われずにいかに事業の成果を上げていくという話ができるかを見極めたいところですね。

自社のサービス/商材の理解に勤しんでくれる

広告主のサービスや商材を理解することは、成果を出すために重要な部分です。
業界のビジネスモデルはもちろん、用語であったり広告主独自の仕組みであったりを理解する必要があります。

もちろんターゲットの理解も重要なのですが、サービス・商材も理解していないと今後の施策が提案できないし、スムーズなコミュニケーションもとれません。

成果が出るかどうかに大きくかかわる部分なので自社のサービス・商材を理解してくれようとしているかというところはぜひ重視したいところです。

レスポンスが遅くない

リスティング広告で成果を上げていくにあたって、代理店のレスポンスの早さは非常に大切です。

もちろん代理店のレスポンスの早さも大切ですが、代理店からの視点で見ても、レスポンスが遅かったり社内調整に時間がかかる広告主は成果に繋がりにくいことがあります。

当たり前のことですが、弊社は、仕事をしていくうえでレスポンスを含めてコミュニケーション面は重要と考えております。
意外とレスポンスを重視していない(返信が遅い)代理店は多いので、注意しましょう。

リスティング広告代理店に依頼できること

リスティング広告の代理店に依頼をできることは主には3つ

  • リスティング広告の開始準備(アカウント設定・広告文作成・キーワード設定)
  • リスティング広告の運用・改善
  • リスティング広告の効果測定・レポート作成

広告の飛び先であるLPやディスプレイ広告を行う際のクリエイティブの作成なども依頼できることが多いですが、そちらに関しては別途費用がかかります。

一口に「リスティング広告運用」といっても、代理店によってサービスの範囲は異なりますが、例えば弊社の場合は下記のようになっています。

サービスに含まれる内容

  • 広告テキスト・キーワードの調整
  • 広告改善提案
  • ランディングページ・サイト改善提案
  • その他の集客に関わる提案
  • 月次レポート・振り返りのご共有
  • 状況のご共有・相談(適宜)
  • お打ち合わせ(Web)

別途料金をいただいく内容

  • 広告バナー・動画制作
  • ランディングページ制作・修正
  • ご訪問してのお打ち合わせ
  • 営業時間外の対応

依頼する代理店がどこまで対応できるのかは事前に確認するようにしましょう。

リスティング広告代理店に依頼した場合の費用

リスティング広告代理店の依頼するための手数料は、多くの場合「初期費用+運用額の20%」です。

例:

  • 広告費50万円/月の場合:手数料 → 10万円/月
  • 広告費100万円/月の場合:手数料 → 20万円/月

理論上は広告費が上がれば上がるほど手数料が増えてしまうため、ある程度高額になると手数料が固定になったり手数料のパーセンテージが下がったりすることが多いです。

とはいえ、代理店によっては、

  • 手数料が10〜15%と比較的安い
  • 初期費用を取らない
  • 手数料が固定
  • 成果報酬で行う

のようになところもあるので、事前の確認は必須です。

高いから悪い・安いから良いではなく、サービス内容に見合った金額なのかを判断するようにしましょう。

リスティング広告代理店を選ぶ際の注意点

リスティング広告の代理店を選ぶ際の、注意点をまとめました。

これらに注意することで、代理店を選びに失敗する確率を限りなく減らすことが可能です。

Web専業の広告代理店に依頼する

総合の広告代理店だとお客様の成果をあまり重視していないことや運用自体はパートナーに外注していることもあったり、制作会社だとそもそも運用の知識がないことがある

広告アカウントを開示している代理店を選ぶ

毎月のレポートのみの報告で、実際の広告アカウントを開示しない代理店もあります。どのような運用をしているのかが確認できなくなってしまいますので、広告アカウントの開示をしてくれるかどうかは確認するようにしましょう。

担当者が信頼できるか

正直に言うと同じ代理店でも担当によってスキルはピンキリ なので、担当者の見極めを行いたいところです。
担当者と直接コミュニケーションが取れるか ・担当がコロコロ変わらないか ・担当者にWeb集客全体の知識があるかなどはチェックするようにしましょう。

手数料と対応範囲を確認する

代行手数料の範囲でどこまでやってくれるかを確認しましょう。

  • 運用代行以外に代行手数料でどこまでやってくれるか
  • 別途費用がかかる内容があるか

このあたりは確認しておきたい 安く済ませればいいというわけでもないですが、代理店によっては媒体が増えるごとに手数料がかかったり、打ち合わせに費用を取るといったところもあるので要注意です。

繰り返しにはなりますが、代理店の利益ではなく広告主の成果を軸にして考えてくれる代理店・担当者を選ぶことが大切です。

リスティング広告代理店の探し方

ここまで、リスティング広告代理店の選び方や選ぶ際の注意点を解説しました。

ただ、これらを全部満たしているような代理店を選ぶのは非常に難しいですし、そもそも一度契約をして対応を見ないと分からないことも多くあります。

ここでは、リスティング広告の代理店を探す際に、事前に確認できるような項目をまとめました。

ブログ等で情報発信をしている

リスティング広告やウェブマーケティング全般に関する技術やノウハウについての発信をしているところはしっかりしている会社であることが多いです。

依頼しようと思っている代理店のホームページにブログのような形で情報発信をしているかどうかは確認するようにしましょう。

実績を公開している

リスティングの代理店にはクライアントも公開しながら、どのような施策を行い、どのような数値が出たかまで実績として公開してることがあります。

このような代理店は、自社の運用に自信があるところが多いです。

クライアントの満足度なども確認することができるので、実績を公開しているかどうかは一つの指標にするとよいでしょう。

成果を重視すると記載がある

繰り返しにはなりますが、良いリスティング広告代理店とは広告主(お客様)の成果・利益を軸に考えている会社です。

そのため、成果を重視しているといった内容や、成果を出すためにどのような仕組みを作っているのかがサービスページに記載がある会社は広告主の成果を軸として考えていることが分かります。

ここまで挙げた内容を満たしているからといって必ずしも良い代理店ではないのですが、やみくもに探すよりは圧倒的に効率は良いです。

リスティング広告代理店に関するよくある質問

リスティング広告代理店は少額から依頼できる?

結論、代理店によります。とはいえ、多くの場合は少額から依頼可能です。

ただし、代理店によっては下限の手数料が決まっているところがあり、少額だと手数料が割高になることもあります。

リスティング広告を代理店に依頼する際の費用は?

リスティング広告代理店の依頼するための手数料は、多くの場合「初期費用+運用額の20%」です。

例:

  • 広告費50万円/月の場合:手数料 → 10万円/月
  • 広告費100万円/月の場合:手数料 → 20万円/月
リスティング広告代理店を変えることはできる?

可能です。

ただし、広告アカウントの移行ができるかどうかは前の代理店次第になります。

新たに広告アカウントを作成しリスティング広告を始めることもできるのですが、学習データが活用できないため成果が出るまで時間がかかることがございます。

良いリスティング広告代理店の選び方 | まとめ

リスティングを始めとするウェブ広告の代理店選びは非常に大切です。
成果を重視し、良きパートナーになるような代理店を選ぶことで、事業の拡大に繋がります。

弊社では成果を最重要視し、リスティング広告に限らずウェブマーケティング全体を支援することを得意としています。

ウェブ集客に課題を感じている方は、ぜひ一度ご相談ください。

【無料お役立ち資料】
リスティング広告で成果が出ないときの改善チェックリスト

  • 成果を出すための46のチェックリスト
  • 具体的な内容ですぐに改善に繋げられる

リスティング広告を始めようとしている企業様・リスティング広告運用担当者の方には必見の内容です!

目次